音楽理論。いる?いらない?



題名の通り。
音楽理論って、必要?
不必要?


僕は、必要であると感じます。


音楽はハート!
衝動が命だー!
というロック兄さんは
いらないと感じるかもしれません。

でもね。
ロック兄さんが愛してやまない、
3コード。


トニック、
サブドミナント、
ドミナント
そして、トニックに帰る。
何故、トニックに帰りたくなるのか。


何故、3コードって成り立つのか。
もちろん、これにも根拠があるの
です。


それを解明するのが理論なんです。


トニック的役割をするコードは、
3つあります。


何もKeyのコードから始める必要も
ないし、Keyのコードに帰る必要も
ないのです。


この辺りの理論は序章だと思っ
ていますが、ここ辺りくらいは
知ってた方が良いのかもしれ
ません。


僕自身、音楽理論は
専門学校に行ってた時に
身に付けました。
JAZZがメインの学校だったので、
そこそこ深い所まで勉強はしてます。
JAZZをやるには音楽理論は
不可欠ですしね。


リディアン・クロマティック・
コンセプトみたいな高度なところ
まではいけてませんが、それなり
には熟知してます。


どうしてこう聞こえるのか?
コード進行ってなんだ?
同じような曲しか出来ない


そんな感じの方。
一度、触りだけでも音楽理論に
触れてみません?


楽しいですよ!
知識が増えるって事は。


せっかく持ってる知識ですので、
一度教えてみたりしたいのです。
僕で良ければ、習ってみませんか?


お金が欲しいわけではないので、
月いくらでとかはではなく、
JAZZとかのレコード一枚とか
飲み代を奢ってくれるとか。
鳩羽ネヲンのライブに来てくれる
とか(これが一番嬉しいかも)。


そんな気持ち的なものをくれる。
それで十分です。


レッスン場所とか時間は、
お互いの都合の良いとこで。


良かったら、
一度、僕を利用してくれる
と嬉しいです。


ご希望の方は、
鳩羽ネヲンTwitterのDM、
もしくは
鳩羽ネヲンHPのcontactから
メール下さい。


| hatobaneon | 23:24 | comments(0) | - |
あほや



結構、色んな所にある
皆さん、ご存知のチェーン店。


実は食べた事なく。


なんかチェーン店過ぎて、
少し敬遠してました。


なんかこのまま知らずに
素通りもなぁ…。
と思い、買いました。


素直に美味いです。


ウン。


結構、スタンダード的なお味です。
そして、素直に美味いです。


そんなあほやがすぐ側にある場所で、
明日はライブです。


2017年11月10日(金)
会場:谷町OneDrop
時間:開場19:30/開演20:00
出演:鳩羽ネヲン/ホシノコウスケ/永倉彩乃
料金:1,500円(1D別途要)
ご予約は不要です。直接、会場へお越し下さい。
出演順は2番手で、20:40ごろの予定です。

| hatobaneon | 23:56 | comments(0) | - |
良い。
土曜日、伊丹オトラク。
日曜日、天満音楽祭。


良いイベントでした。


伊丹オトラクは、前々から気になってた
イベントでした。
幸運な事に今回出演させて頂けて、
本当に嬉しかったです。


一日、サポートして下さった
やまじさん、わっちーさんには、
本当に本当に感謝です。


わっちーさんは凄く素直な方で、
一生懸命生きてるんだなぁって。
凄く感じました。


僕達同様、伊丹オトラクを通じて、
色々考える事が出来たみたいですし。
なんかそんな場所にいれたって事が
嬉しいのです。


天満音楽祭もそうでした。


なんか以前は、
またライブに来てくれる人を
増やしたい
とか、
ワンマンライブした際に、
50人位集めたいとか。
僕達主導で動けるようになれたらと、
そう思ってたんだけど、
ちょっと前から、
僕達の存在の重要性なんかよりも、
もっと大切な事があるんだなって。
そう考えるようになって来た。


一瞬で過ぎていく日々の中で、
『あ〜、良い時間を過ごせたなぁ。』
って思って貰えるのであれば、
僕達はそれだけで満足です。


| hatobaneon | 23:53 | comments(0) | - |
包み込むように。
コントラバス。


なんか生音でデカイ音を出す事に
一生懸命になり過ぎてる気がした。


もともとはもちろん生音を出す楽器。
アコースティックな楽器。


練習してる時からも、
周りからも、
生音がデカイのがステータス的な。


変な勘違いをしてたのかもと
思った。


だからと言って、
楽器を鳴らさないってのとは
また意味が違うのはわかる。


生音でデカイ音を出そうと
すると、どうして力む。

力んだとこで音は大きくならない。
だけど、次第に音は固くなっていく。


昨日は、それに少し気付いた。


包み込むように弾く事も大切だと。


| hatobaneon | 01:23 | comments(0) | - |
天邪鬼


「独特の世界観ですね」 変わったことをしている人たちに向けてよく言われる言葉。

私たちも、なぜかよく言われる方ですが、そもそも世界観てなんなんでしょうね。



よく言われる鳩羽ネヲンですが、正直 自分でもよくわかりません(笑)


決して世界観を出そうと思ってやっているわけではなく、ただ、好きで面白いからやっているだけである。


仮に個性と捉えた場合、 みんなにだって、世界観はあるはずなんだけど、最近は、あまり個性がある人に道を歩いていても出会わない。

抑えているのだろうか。
出すことがカッコ悪いと思われているそんな世の中なのか。

目立たないように目立たないように控えめな人たちが多いように感じる。
だからこそ、振り切りたい(笑)
そんな思いはあるかもねぇ。

この考えって、きっとバブル崩壊後の就職氷河期初頭を生きてきた年代にしか通じないかもしれないなぁ…



芸術は爆発だという。岡本太郎さん。
爆発したいね。もっと。

| hatobaneon | 11:57 | comments(0) | - |
Page: 2/57  << >>

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links